ワードプレスでアマゾンアソシエイト

アソシエイトツールバーでリンクを作る

アマゾンアソシエイトの申請が承認されたのでアマゾンの商品のリンクを作ってみます。

まずはシンプルな方法でやってみます。
アマゾンアソシエイトが承認されると申請したアマゾンのアカウントでアマゾンのページにログインすると、上に「アソシエイトツールバー」というものが表示されます。

紹介したい商品のページへ行って商品へのリンクの表示形式を「テキスト」、「テキストと画像」、「画像」の3つから選びます。


そして普通のURLか短縮URLや、画像の場合は表示サイズなどを選択します。
TwitterなどのSNSの場合は文字数制限があることが多いので、本文の文字数のことを考えると短縮URLを使うことになると思います。

クリックするとそれだけで商品へのリンクを表示するためのURLやコードが作成されます。

これをTwitterの投稿画面やブログの記事内やサイドバーなどに張り付けると商品へのリンクが表示されます。

そして閲覧者がリンクをクリックしてアマゾンに移り、一定時間内に買い物をすると報酬が得られます。

試しにコードを作成してブログとTwitterに貼ってみました。

これが「テキスト」で作成したリンクです。(https://amzn.to/379UPVn

下の画像が「画像」の「中」で作成したリンクです。


下のリンクが「テキストと画像」で作ったリンクです。


試しに張り付けたリンクが正しく動作しているか確認してみます。
アマゾンアソシエイトのサイト(アソシエイト・セントラル)にアクセスして「ツール」の「リンク動作確認ツール」をクリックします。


動作確認したいリンクのURLをテキストボックスに貼り付けてボタンをクリックします。


それで有効のメッセージが表示されたらOKです。

ツイッターにも同じような方法でリンクを貼り付けられますが、ツイッターアカウントも追加で申請する必要があります。

Amazon Associates Link Builderを使ってみるも…

さらにワードプレスにはプラグインでリンクを作成するものがあり、今回はアマゾン公式のプラグイン「Amazon Link Builder」を使ってみます。

まずダッシュボードから「プラグイン」→「新規追加」で「」を検索してインストール、有効化します。

するとダッシュボードに「Associates Link Builder」と表示されます。


これの「Settings」から設定を行います。


国に「JP」を選択して、トラッキングID、アクセスキー、シークレットキーを入力して下にチェックを入れて設定を保存します。

すると記事編集画面でこのようなブロックを選択できます。

このブロックではキーワードで商品を検索して、選択したのちにリンクの表示形式を選択できます。
しかし自分の場合は検索するとエラーメッセージが出て検索結果が出ませんでした。


調べてみるとこれは売上実績がないためプラグインの利用ができないようです。
このプラグインには、いくつかのリンクのテンプレートや自作のテンプレート作成機能もあったので使えないのは残念です。

追記

時間を置いたらなぜか利用ができるようになりました。
本当にエラーメッセージ通りに一時混雑しているだけだったようです。

以下がAmazon Link Builderで作成したリンクです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です