ロボトミーコーポレーションプレイ日記6

DAY19 列車関連のアブノーマリティが来た。列車はクソらしいとどこかで読んだ。
情報開示は楽だったが、これは常にお世話をしないと施設中を荒らしまわるタイプのアブノーマリティと判明した。
集中力が切れたころを狙って(一日の終わりや残業中)すべてを台無しにしてくるクソだった。

DAY17 黒い鳥のアブノーマリティが来た。作業結果がいいとカウンターが減るタイプなので面倒臭い。
作業結果が悪いとカウンターが回復するが、今の職員で耐えられそうなのはいなさそう。
脱走鎮圧に成功すると武器がもらえるらしいが、今チャレンジしない方向で行く。

DAY14 黒い服の6人兄弟みたいなアブノーマリティが来た。おそらくWAWで白ダメージが痛い。
作業結果普通で一人の下半身が溶けた。何かの予兆だろうか?

DAY17 こわれたテディベアのアブノーマリティが来た。
連続作業をすると死ぬので、誰が作業をやったかをメモしながらやれば育成に使えないこともないが面倒である。

DAY17 青いキノコのようなアブノーマリティが来た。作業をしすぎると駄目なようでなかなかエネルギーがたまらず、情報開示ができない。

DAY18 葉だらけの植物のようなアブノーマリティ登場。
結果が良いとつぼみが付く?絶対増やしすぎるとろくなことにならない。
こいつの能力によるパニックは鎮圧不可でしかも伝播するのでなった時点でやり直しである。実際パニック発生しまくりでやり直した。
青いキノコは「小さな王子」と判明。もしかして星の王子様が元ネタだろうか?
記録を見るとただの感染幻覚キノコか、高次の生命体かあいまいにされている。

DAY19 真空管が並んだようなツール型アブノーマリティを迎えた。低ランク職員に使わせまくっても何も起こらず。名前は「逆行時計」と判明。
WAWなので警戒して少しだけ使わせて終わりにする。
木のアブノーマリティは「寄生樹」と判明。職員を引き込む系でクリフォトカウンターが1、かなりのクソアブノーマリティだと思う。
これで同じ部門に魅了系アブノーマリティが2体も来てしまった。

DAY20 逆行時計はタイムワープ系のアブノーマリティだったけど、高ランク職員を生贄に捧げないといけないのが辛い。
元の時間軸に残った職員はどうなるのだろうか。

DAY21 初の中層へ!一気に2つアブノーマリティが来た。
カメラ付きスピーカーみたいなのと肌が宇宙柄な子供のアブノーマリティ到着。
カメラっぽいのはさっそく脱走した。丸鋸を置く感じの攻撃が多段ヒットで痛すぎる。
犠牲が出まくってヒントを実況動画から得た。
カメラは「シャーデンフロイデ」と判明。特性がものすごい初見殺しで記録を見ると職員の使い方がSCPのDクラスそのものだった。。
「銀河の子」は心中型ヤンデレアブノーマリティ。育成したい職員を1人専属にしておけば問題なし。

DAY22 ティファレト二人組は同じなの別人らしい。血のつながった兄妹ではなかった。
時空の歪みのような奴と立体のジグソーパズルのようなアブノーマリティ登場。
2つのミッションをクリアするために手短に終わらせた。

DAY23 世界観説明が始まった。この世界の文明を支える会社は「特異点」と呼ばれる新技術を持っているそうだ。
輸送業や医療などどの業界もヤバい技術を持っているようだが、ロボトミー社はエネルギー生産事業。つまりこの世界では火力発電や原子力発電はとっくに過去のものになっているのらしい。
ロボトミー社の同業他社もあるらしい。実質的なライバル会社だろうか。
ホドがイマジナリーフレンド的な存在と言い争っていて、いよいよヤバさが増してきた。
ティファレトたちの研究は弾丸シールド。作業には使用できないが弱い職員でもピンポイントで守れるので、アブノーマリティ鎮圧時にまとめて突っ込ませるときに役に立ちそう。
「修正済み」の固まりと白雪姫のりんごモチーフのアブノーマリティが来た。
名は「規制済み」とのちに判明、ALEPHかついきなり脱走で大惨事になりやり直した。しかしどうしてもダメージがでかすぎて作業完了できないので次来る時までALEPH防具が用意できるのを祈ってリセット。

DAY22 肉肉しい罪善さんみたいなツールとちびを自称する女の子のアブノーマリティが来た。
ちびちゃんは「レティシア」と判明。専属職員を2人ほど用意すればいい育成要因になりそう。うっかり「お友達」を出してしまったがやり直した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です