ロボトミーコーポレーションプレイ日記4

DAY12 火のついた黒い塊のようなアブノーマリティが来た。
後に「マッチガール」と判明、ランクもTETHだし扱いやすそう。白昼の試練で1部門全滅。

DAY12 白い子犬が来た。「キュートちゃん」と分かったが、脱走時にマッシブな怪物に変形した。あまり強くなくみんなでタコ殴りにしたら部屋に戻っていった。

DAY13 猟奇的なサンタクロースみたいなアブノーマリティが来た。初手の作業に成功してうまく情報開示できた。
罪善さんの武器の上位互換(近距離白属性)を作成できたのがうれしい。(が、のちにロストしたまま巻き戻しして書いている現在手持ちにない。)
アンジェラは何かうそをついているようだ。

DAY14 ネツァクの酔っぱらい方は現実逃避では言い表せない悲惨さがある。
心臓のようなツール型アブノーマリティが来た。返そうとしたら例によって職員が一瞬でパニックになったが、1回でも戦わせればよいと判明した。
平和な序盤には無用の長物だが、進むにつれ試練や脱走は必ず起こるので使えるアイテムだろう。

DAY1 職員の育成不足を痛感したため大幅巻き戻し。
1つめのアブノーマリティが罪善さんではなく、「墓穴の桜」だった。1日目TETHは少々きつく、パニック職員が出た。

DAY2 おばあちゃんのアブノーマリティがきた。これはアブノーマリティが増えれば増えるほど管理が面倒臭くなる奴だと分かった。
2日目なのをいいことに残業しまくって装備を作った。

DAY4 真っ黒い鏡のようなツール型アブノーマリティが来た。
最初は職員の能力の再配分をしてくれると喜んで使っていたが、やり過ぎるとステータスが下がることが分かった。
非脱走オブジェクトは暴走カウンターを放っておいてもエネルギーが減るだけで何とかなる程度のペナルティなので、いざという場合は放置することに決定した。

DAY13 虐待された海洋生物のようなアブノーマリティが来た。
高ランクのWAWだが意外とおとなしい。しかし中途半端なステータスで中途半端な装備の職員に作業に行かせたら割とシャレにならないダメージを食らった。

他の人のロボトミーコーポレーションのゲーム実況も見たいが、これ以上アブノーマリティとストーリーの知識を入れたくないので見れない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です