単行本化困難なパロディ麻雀マンガ「3年B組一八先生」

漫画誌「近代麻雀」で連載中の錦ソクラ先生の漫画「3年B組一八先生」をご存じでしょうか。

タイトルからわかるとおり、ドラマ「3年B組金八先生」のパロディで金八先生ならぬ一八先生が、麻雀で悩める青少年を指導していくというショートギャグ麻雀マンガでした。

次第にパロディに熱が入っていき、単純にパロディキャラを出したり、絵柄を寄せるだけではなく、ストーリーにまでパロディを絡めていくようになっています。
いわば金八先生のパロディにさらに別のパロディを載せるという、パロディの多層構造になっています。

自分が感心したのは「孤独のグルメ」パロディ回の27回で、絵柄もさることながらストーリー運びもそのままでした。

引用:錦ソクラ「3年B組一八先生」 https://kinmaweb.jp/archives/47353より


上の画像を見るとおり、飯じゃなくて麻雀の話をしていること以外はそっくりです。

さらに配牌を頼んだメニューにみたてて、食べる前の所見を述べるところは孤独のグルメではおなじみのシーンです。

最後に店を出て、今回のチョイスの感想(この場合はメニューではなく捨て牌)を思い浮かべてやや未練を感じながら遠ざかっていくところなど、ややはずれのメニューにしてしまったゴローちゃんそのものでした。

他にも自分が見れた中で感心したパロディを紹介します。

  • 「ハンターハンター」ネテロ会長のパロディ前のコマに、ツモる手にオーラをまとっている描写を入れる
  • 「セクシーコマンドー外伝すごいよ!!マサルさん?」はっきりとはわからなかったが、気の抜けた線を重ねたような目、妙な技名、特徴的な擬音の響きで表現している?
  • 「AKIRA」鉄男を登場させ、一八先生を金田に見立てて「さんをつけろよデコ助野郎」の流れを再現
  • 「デスノート」月が監視を欺くためエロ本を読んで、読み終わった時のセリフをイカサマをごまかすのに言ったセリフとして使用
  • 同じ回で「マスターキートン」と「20世紀少年」のパロディをぶつけ、絵柄も微妙に描き分けてる(マスターキートンの方が昔でやや線が柔らかいのを再現してる)
  • 「へうげもの」パロディ回の締めに、ジャンルは違えど同じ時代物マンガの「シグルイ」をもってくる

他にも「ベルセルク」や「ヘルシング」、「ドカベン」に「刃牙」など枚挙にいとまがありません。

惜しむらくは、パロディがうますぎるゆえに単行本化はほぼ絶望という点ですが、近代麻雀のサイト(https://kinmaweb.jp/)で一部公開されています(2019年5月11日現在)。

麻雀の知識が少しでもあって、雑食系のマンガ読みの人は必ず笑える回があるはずなのでぜひ公開されているうちに読んでみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です