ドラゴンマークトフォーデス紹介・感想

ドラゴンマークトフォーデス(Dragon Marked For Death)とは

インティ・クリエイツがニンテンドースイッチ向けに2019年1月31日に発売したオンラインでマルチプレイ可能なアクションRPGです。

特殊な血を引く一族の若者が故郷を国家に滅ぼされた復讐をするという、インティゲームによくある復讐者・反体制側が主人公のストーリーです。

イラストレーターは「ロックマンゼロシリーズ」のデザインを担当していた中山徹氏で、可愛らしさと竜の力を身に宿す異形感をうまく出しています。

プレイした感想としては、良いところはデザイン、グラフィック、音楽、操作性、世界観、不満に感じたところは難易度、いい装備を求めると周回数の要求が多い点です。
アプデが来て難易度の緩和や雑魚敵を倒す意味が生まれるまでは、かなりプレイヤーを甘やかさない作りだったと思います。

宣伝の規模や発売イベントの内容、販売価格から察するにインティ・クリエイツの中でもかなり大きなプロジェクトであったと思うのですが、もっと早めにアップデートが来ていたらと思います。

同社が3月に発売した「ブラスターマスターゼロ2」がけっこうな難易度ながら、ごり押しでもトゥルーエンドまで行けたことを考えると、やや残念です。

「ブラスターマスターゼロ2」はこちらで紹介しています。

操作キャラは4種

操作キャラを4種から選ぶことができ(ダウンロード版は2種ずつ)、それぞれ装備武器が違いアクセサリーも共通と個別のものがあります。

各キャラの操作感は

皇女 バランスキャラ、隙の少なめな剣攻撃と長押しで遠距離攻撃ができる

戦士 守備より、バリアを張れる、相手の隙に大きな一撃を当てていく感じ

忍び 自分のメインキャラ、機動力キャラ、2段ジャンプと壁蹴り可、マルチでは絶え間なく攻撃を当ててヘイト管理や皆のSP(特殊攻撃のゲージ)を稼いだり、とるのに手間がかかる宝箱を機動力で素早く開けたりする

魔女 魔法キャラ、コマンド入力で大火力の魔法が撃てる、指を痛めそうだったのでチュートリアルクエストしかやってない

と言った感じです。

 

 

プレイヤーを甘やかさない難易度

クエストには制限時間があり、ゆっくりマップの隅々まで探索していると、ボス戦でてこずると時間切れになりそうなこともありました。
これはアップデートで緩和されました。

ボスの攻撃に初見殺しが多く、高難易度クエストともなると画面を9割ほど埋め尽くし、かつ安全地帯へ行く猶予がシビアな攻撃をしてくることもざらです。
それに加えて威力も高く、体力があまり育たないキャラだと多少体力にステータスポイントを振っていても即死することがあります。
シングルプレイならまだいいのですが、マルチだと死にまくると他のプレイヤーに迷惑がかかるので、装備を守備寄りにするか完全に回避できるように予習する必要があり敷居が高くなります。

ザコ敵もアップデート前は倒しても経験値が2、3得られ、たまに回復アイテムを落とすだけで倒すうまみがありませんでした。
そのため慣れた人同士のマルチだと一直線にボスを目指しながら、ザコ敵を避けて走っていく障害物競争みたいになっていました。

アップデートで得られる経験値が増え、アイテムや装備と交換できるようになる素材もドロップするようになりました。
しかし要求数が多く、体力を大回復するアイテムもそう簡単には交換できません。
お金で買えるレア度の低い装備アイテムを素材と合わせて交換することでパワーアップさせることもできるのですが、素材の要求数がマラソン必須なほど多く、1クエストで1~4個手に入る素材を最終強化まで50個以上要求したりして、レアドロップマラソンができない、したくない人の救済になっていません。

良い装備品が欲しければ、LUCを上げたうえで高難易度クエストを周回する必要があるのですが、LUCを上げると守備力や火力が犠牲となり周回効率が落ちます。
結果マルチで他のプレイヤーを借りることになるのですが、発売から時間がたったこともあってやや過疎っています。
マルチの参加画面で選択できるのですが、国内からだけでなく、全世界からプレイヤーを探さないとマルチをするのは難しくなっています。

もうちょっとプレイヤーを甘やかしてほしかったです。

それでも好きなのは

いろいろと不満だった点を上げましたが、全体的には好き寄りなのは、デザインが中山徹氏なのと、作りこまれた世界観をもとにしたストーリーとグラフィックが楽しく、他の人のかっこいいプレイを見ているが楽しいからです。

私が買った限定版の内容はハードケースとハードカバー仕様の設定資料集、そしてサウンドトラックがついています。

 

限定版の内容


設定資料集には世界観、歴史、それぞれの国家の解説、主人公の設定画、ボスキャラの設定画と解説、NPCのイラスト、草案イラストが載っています。
結構な文字数の解説と中山徹さんのイラストがたっぷり楽しめます。
イラストは買った人の楽しみなので、見せられないのが残念です。

中山徹さんのイラストはロックマンゼロで見て以来ファンなのですが、サイバー感のある絵柄、可愛らしさとメカメカした感じの同居するデザインに魅かれています。

中山徹さんのイラストがたくさん見たければ、自分の知っている限りでは本人のサイト(http://hwbb.gyao.ne.jp/gaio-pk/)、「ロックマン ゼロ オフィシャルコンプリートワークス」を買う、中古で取引されている中山徹さんが出した同人誌を購入する、公言されていないがたぶん中山徹さんのピクシブアカウントを見つけ出す、あちこちに寄稿したイラストを探すしかなかったので、イラストがたくさん載った設定資料集が手に入ってうれしかったです。

設定資料集としても、世界観が掘り下げられているので読んだ後はストーリーやゲーム背景などがより深く理解できて楽しめるでしょう。

ラスボスの目的まで描いてあるので、プレイする前から全部読むのはお勧めしませんが。

こうしてほしかった点

こうしてほしかった点としては、高難易度クエストをやっとの思いでクリアしていい装備品が出るかドキドキしてがっかりするのは神経をすり減らすので、ユニーク品には少し性能が劣るがアイテムのようにお金で買える高レベル用高性能装備品が超高額でもいいから出してほしかったです。
ドロップが運任せなのとお金をためれば必ず手に入るのとでは続けるモチベーションが違うので。

ストーリそのものもややあっさり気味ですがよいと思っています。
しかしすべてのエンドを見る条件が大変なので、獲得金額半減やユニーク装備品ドロップをなくしたイージーモードというか、サクサクプレイできるストーリーモードが欲しかったです。

基本歯ごたえのアクションを作るのが売りのインティ・クリエイツなのでしょうがないといえばしょうがないのかもしれませんが。

 

最後に

やや過疎っていると書きましたが、ツイッターを見ると根気強くプレイしている人がまだいます。

まだ最終アップデートが完了したわけではないようなので、今からでも購入して楽しめると思います。

マルチは混みそうな時間帯を見計らわないと難しいかもしれませんが、シングルプレイで難易度高めのアクションゲームが楽しみたい人にはおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です