ドコモ新料金と格安SIMの比較

通信料は安くなるみたいだが?

大手キャリアでは、端末代と通信料が一体になった料金体系を採用していました。
しかし、国から通信料と本体代を分離し、通信料金を下げるような働きかけがなされてきました。

そこで、ドコモは2019年6月1日から通話とデータ通信が一体となった「ギガホ」と「ギガホライト」の2つの料金プランをスタートします。
通信料が最大4割安くなると見込まれていますが、今まであった「機種代実質0円」のような端末代を大幅に値引いてくれるサービスは、なくなるであろうと見込まれています。

そこで、長年ドコモユーザーであった私は、ちょうど料金プランの更新月が近かったので、この機会に格安SIMに変えると料金がどうなるか見積もってみることにしました。

格安SIMとは

まず初めにSIMカードとは、スマートフォンやタブレットなどに入っている、通話やネット(WiFi以外)を行うための識別カードです。

私のタブレットのKindle FireにはSIMカードが入っていませんが、動画視聴やネット閲覧もWiFi環境下では可能です。
ですが、スマホやタブレットを通信機器として扱うならSIMカードはほぼ必須でしょう。

格安SIMとは、ドコモ、au、ソフトバンクの三大キャリア以外が提供しているSIMカードで、大手の回線を借りて通信をしています。

なぜ安いのかというと、簡単に言うとシンプルだからです。
大手の手厚いサポートや基本デフォルトでついている通話定額サービスなどがない代わり(会社によってはオプションである)に、料金が安くなっています。

ドコモの新プランと旧プランの比較

現在の私のスマホの使用状況は、1か月の通信料が約2.2GB、通話定額プラン、残り機種代約6000円、シェアパケット、家族割ありといった感じです。

この条件だと、新プランは「ギガホライト」が最適のようなのでそれで比較してみます。
なお、すべて税込み価格で計算しました。

旧料金プラン    

合計通信料 5024円
基本料金 1700
パケット代 500
その他サービス 2452
消費税 372
(機種代) (506円)

※機種変 5~8万円 実質無料などの大幅な割引あり

 

新料金プラン(ギガホライト)

合計通信料  3974円
ギガホライト(~3GB) 3980
通話1回5分無料 700
家族割 -1000
消費税 374
(機種代) (506円)

※機種変 5~8万円 以前のような大幅な割引はなし


新プランに移行すると約1000円、2割ほど安くなります。

格安SIMとの比較

次に、格安SIMの中でよさそうだった「ワイモバイル」と「ユーモバイル」での「ギガホライト」に近いプランの見積もりを出してみます。

ワイモバイル(Y!mobile)

初期費用 3000
電話番号継続手続き 2000
1年目通信料 1706円
2年目 2789円
3年目以降 3218円
最大通信容量 2GB
通話1回10分無料  
最低利用期間 2年

※機種変 1~8万円

 

 

ユーモバイル(U-mobile)

初期費用 3394
電話番号継続手続き 2000
合計通信料 2570円
基本料金 1580
通話合計60分無料プラン 800
消費税 190
最大通信容量 3GB
最低利用期間 6か月

※機種変 1~8万円

 

比べてみると格安SIMの方がだいぶ安いので、そちらへの移行を検討することにしました。

平均的に安いことと、違約金が発生しなくなる最低利用期間が半年と短いことから、ユーモバイルに決定しました。

 

ドコモからユーモバイル(U-mobile)への移行

すでにスマホを持っていて、電話番号継続利用の場合、次のものが必要となります。

  1. メールアドレス
  2. 本人名義のクレジットカード
  3. 本人確認書類
  4. MNP予約番号

MNPとはモバイルナンバーポータビリティの略で、携帯電話番号をそのまま他社に乗り換える手続きのことです。

今回は24時間受付しているMy docomoから手続きをする方法を紹介します。

まず、My docomo(https://www.nttdocomo.co.jp/mydocomo/)へ移動して、ログインします。

「契約内容・手続き」をクリックして、「携帯電話番号ポータビリティ予約」「お手続する」と進みます。


機種代の残額や手続き手数料、規約を確認して、同意をして進みます。

すると予約番号が出るのでメモしておきましょう。

ユーモバイルの公式サイト(https://umobile.jp/)から自分が入りたいプランを選択して、「お申込みはこちら」をクリックします。

必要情報を入力していきます。

入力を完了して、確認メールを開きます。
メール本文のURLをクリックして、本人確認書類の画像をアップします。
そしてIDをメモしておきます。

手順が前後しましたが、なるべくならMNP予約番号発行の前にSIMロック解除をしておきます。

やり方は先ほどのようにマイドコモにログインして、「契約内容・手続き」→「その他」→「SIMロック解除」から手続きに進みます。

 

手続きを進めると、SMSで認証コードが届くので入力します。
次に製造番号など必要な情報を入力していきます。
そしてSIMロック解除を申し込むと完了のメールが届きます。

SIMカードが届いたら

あとはSIMカードが来るのを待ちます。
私は5月21日に手続きして、5月25日に届きました。

同封の説明書に従って、開通手続きをします。
1時間くらい待つと完了メールが届くので、そこからドコモが使えなくなったのでSIMカードを交換しました。

あとは説明書に従ってアクセスポイントとマイページの初回登録をします。
U-CALLのアプリも入れておきました。

これで前と同じように使用することができます。
前との通信速度の違い、使用感についてはしばらく使ってから書こうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です