子テーマでのカスタマイズ-子テーマの導入

Lightningの公式サイトの設定ガイド(https://lightning.nagoya/ja/setting)を参考にサイトをカスタマイズしていきます。

ブラグイン「VK All in One Expansion Unit」の公式サイト(https://ex-unit.nagoya/ja/)でも機能の紹介をしており、お問い合わせ情報の入力やSNS・グーグルアナリティクス・グーグル広告の連携の設定などができます。

子テーマのダウンロード

Lightningの公式サイトでサンプル子テーマを配布しているのでダウンロードして指定の場所に入れます。子テーマはここ(https://lightning.nagoya/ja/setting/customize/child_theme)でダウンロードします。

ダウンロードしたらローカル環境の/wp-content/themes/ ディレクトリに解凍したフォルダを入れます。そのままだと子テーマが導入されたかわかりにくいので、「style.css」に「body{background-color: cadetblue;}」(ボディ部分に色を付ける)を書き足してみます。
するとこうなりました。

 

テーマ「Lightning」のまま、ボディ部分の色が変更されています。
このようにして機能やデザインを調整してオリジナルテーマ「ringo」に近づけていきます。
基本設定を終えたこの時点でのテーマを入れたときからの変更点を上げていくと

・フッターのメニューをトップとこのサイトについての二つにした

・デフォルトでトップに表示されていたPRブロックとスライドショーを削除した

・空白だったサイドバーにオリジナルに近い配置で各コンテンツを入れた。(Twitter・最新記事・アーカイブ・カテゴリー・タグクラウド。広告は未実装)

などが主な変更点です。

「ringo」と現在とで違う点で、修正点となる箇所は

・サイトアイコンがない
・サイトタイトルが地味
・検索フォームがない
・ロゴの大きさ
・記事の見た目(文字サイズ、文字フォント、ラベル、文字間の縦横、画像の線引き)
・サムネイルの大きさはどうか
・SSL設定をしていない
・導入していないプラグインがある(新しいサイトに要不要の判定をしていない)
・モバイル画面の設定はどうなっているか
・上に戻るボタンの存在の確認
・パンくずの確認
・色関係(細分化して確認)
・内部リンクが違う
・アイコンが変わっている

などが一通り上げた箇所が修正点となるので、順に直していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です