ロゴの作成

当初はレンタルサーバーを借りる前に、自分のPCにWordPressを動かせる環境を構築してオリジナルテーマを作成できることを知りませんでした。なので先に使う素材を作っておこうと思い、ブログのロゴから作り始めました。

ただの文字では味気ない、しかしプロに依頼するほど気合が入っているわけではありませんでした。そこで何かよい方法はないかと調べてみたら、無料でロゴが作成できるDesignEvo(https://www.designevo.com/jp/)というサイトを見つけました。

サイト画面

 

使い方はいたって簡単で「無料でロゴを作成する」をクリックして、テンプレートの中から気に入ったものを選びます。割と適当に選んでものちにいろいろ変更するので大丈夫ですが、アルファベットの場合は大文字小文字が自動で変換されるみたいなので注意が必要です。

テンプレート一覧

そうすると「会社名」と「スローガン」の入力欄が出てくるので、ブログならばタイトルとサブタイトルを入力してクリックします。

入力欄

 

そうするとロゴの編集画面が出てくるのでアイコンや文字のスタイルの変更、色や背景色を変更します。「プレビュー」をクリックするとサイトなどでどのように映るか確認できます。

編集画面

そして右上の「ダウンロード」「低解像度の無料ロゴをダウンロード」をクリックすると、保存できます。

ダウンロード画面

有料プランでは著作権ごと買い取れるので、そのまま使えて高画質で背景透過済みなどメリットがあります。無料ロゴ使用のためには次の2つのうちどちらかをやらなければいけないようです。

  1. Facebook、Twitter、Google +、LinkedInなどのソーシャルメディアでwww.designevo.comを共有
  2. 自分のブログやウェブサイトでコードを直接コピーしてウェブサイトに貼り付けておく

こうしてできたロゴ画像は無料版だと背景が透過されておらず、背景色が白以外のサイトに配置すると、浮いて見えるので透過するようにします。今回はブログHPツールというサイトの画像透過ツール(https://www.webtoolss.com/touka.html)を使用しました。

サイト画面

一番簡単な使用法は「画像読み込みエリア」にロゴ画像をドラッグし、背景をクリックして透過する色を指定して「画像化」をクリックして透過された画像を作成し、右クリックして「名前を付けて保存」です。詳しい使用法はサイトの下側に記載してあります。

透過前ロゴ
透過前
透過後ロゴ
透過後

これでサイトに貼り付けると画像のように背景色が透過されます。これでロゴの生成が完了しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です