Blenderでモデルをアニメっぽくする

漫画やゲームのキャラクターなどをモデリングしてみるとなんか感じが違うと思うことがありました。
それはマンガなどでしている線の強弱による輪郭の強調などがないのが一つの原因だと気づきました。

そこで今回はマンガ・アニメ的なくっきりとした均一な影のつけ方、背面法による輪郭線の強調について書きたいと思います。

本格的なトゥーンレンダリングを学ばなくてもこの2つをするだけでぐっとそれっぽくなります。

上の画像を見てもらえばわかりますが、右のほうが影のつけ方がくっきりはっきりしており輪郭線があることでキャラクターが強調されます。

くっきりした影のつけ方

以下の画像のようにオブジェクトのマテリアルを設定します。
下の「wing」がテクスチャペイントで色を塗った本来のカラーで、カラーランプで光の当たり具合に対して影としてどの色を出すか設定しています。
影を色濃く出したいなら濃い色の範囲を広げればいいし、影を薄く狭くしたいなら白の範囲を広げて影として使う色を薄く設定します。

輪郭線のつけ方

新規のマテリアルを作成して以下のような設定にします。

マテリアルプロパティからオプションでこのマテリアルのブレンドモードを「アルファブレンド」にします。

モディファイアーからソリッド化を選んで以下のように設定します。
幅の大きさを変更すれば輪郭の太さを変更できます。

今作成しているロボトミーコーポレーションのキャラクターはカートゥーン調のデフォルメがかかっているのでこういった表現との相性がいいので知ることができてよかったです。

以上のテクニックは以下の記事を参考にさせていただきました(ganmin様「blender 2.8 Eevee 簡単な設定でセルルック(トゥーン調)表示」)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

6月雑記