グーグルアナリティクス 自分を除外

自サイトを運営している人は記事の表示や誤字脱字、画像の配置を確かめるために、自サイトを訪問する回数が多いと思います。
しかしそれではサイトを開設して日が浅い場合などは、アクセス解析データのうち自分からのアクセスの割合が多くなってしまい、有益なアクセス解析情報を得られないかもしれません。

今回は、解析ツールがGoogleアナリティクスかつ、」使用ブラウザがChromeの場合を想定して、Chromeの拡張機能を用いてそのブラウザからのアクセスを解析から除外する方法を説明します。

Google Analytics オプトアウト アドオン(https://chrome.google.com/webstore/detail/google-analytics-opt-out/fllaojicojecljbmefodhfapmkghcbnh?hl=ja)のページに飛んで、「CHROMEに追加」をクリックします。


するとChromeに機能追加するかメッセージボックスが出てくるので、「拡張機能を追加」をクリックします。
これで完了です。

ブラウザの右上にGoogle Analytics オプトアウト アドオンのアイコンが表示されていれば、機能が追加されています。

この方法でアクセスを解析から除外するメリットは設定が楽なことです。
Googleアナリティクスに除外するIPアドレスを設定する必要がありません。
また、IPアドレスが変わってもブラウザが同じ限りアクセスを解析から除外してくれます。

デメリットはスマホなど他の端末やブラウザなどからのアクセスを除外してくれないことです。
主にサイトの確認に使うブラウザが決まっているなら大丈夫でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です