最近買ったマンガの紹介

週刊少年誌に進出した縁山先生のギャグマンガ

縁山先生が成人マンガ雑誌コミックゼロスに掲載していた「だいたいめる子」、「それでもめる子」、「おさらばめる子」、「えくすとらめる子」の「める子」シリーズを購入して読みました。
コミックゼロス編集部バイトの設定のめる子が織りなすギャグマンガですが、成人向けのネタはあれどもそれほどどぎつくはなくどっちかというと先生の描くR18のイラストの方がかわいい絵柄なのに生々しさがあります。
SF、アメコミ、食べ物、時代劇、など様々なネタがあるのですが、先生は異常な状況下でキャラクターがその状況下では一見まともな感じのことをしてどんどん異常な方向に突っ走っていき、最終的にまともに変えるととんでもない着地点に着いてるというドタバタが特にうまいと感じました。
個人的にはイン○ニティ・ガントレットのパロディ回が好きです。
電子書籍サイトではR18扱いされていましたが、いやらしくはないのでお勧めです。
絵柄の丸っこい感じと髪のツヤの描き方が独特でpixivかツイッターで絵を見て買ってみたのですが良かったです。

オカルト+ダークヒーロー+バブみ?の手塚作品「三つ目がとおる」

「アブドルダムラルオムニスノムニスベルエスホリマク 我とともに来たれ、我とともに滅ぶべし」この呪文は寿限無と同じように今でも覚えています。
電子書籍で全巻購入したので感想と紹介を書いていきます。

主人公の写楽保介は失われた三つ目人の末裔で額の絆創膏をはがすといつものおバカな様子から早変わり…というそれだけ聞くと良くあるヒーローものですが、彼は明晰な頭脳と強力な超能力ゆえの残忍さもあるダークヒーローなのがちょっと違うところです。
彼が決して善側の人間ではないこと、多くの場合は三つ目人に関わる遺跡やオーパーツの絡んだミステリーな話なこと、そして残忍な彼が見せる身近な人間、とくに和登さんへの情がみせる人間模様が本作のキモだと思っています。

主人公の写楽は三つ目時は頭脳と超能力と発明でオーパーツの謎を解いていったりその力を利用しようとする怪しげな組織を壊滅させていくヒーローであり、時にはその三つ目人の遺産で大惨事を引き起こそうとする悪人なのですが、母親の愛に飢えているがためヒロインの和登さんに止められてバンソウコウを貼られる弱さを持った子供でもあるのが二面性を持たせていて好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です